CML2.5のAlpine Linux初期設定用コマンド一覧

Cisco
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コマンド一覧について

検証時にAlpine Linuxを用いることが多いのですが、ホスト名やIPアドレス設定などに使用するコマンドを備忘的に載せておきたいと思います。

特権モードへの切り替え

su -でパスワードを聞かれるので「cisco」を入力すれば特権モードになると思っていたのですが、パスワード不一致で特権にならず…。公式FAQを見たら解決策がありました。

sudo -E -s

これをbash shellで入力します。すると、/home/ciscoへ自動的に移動し、それ以降は特権モードとなります。

ホスト名変更

echo “shortname” > /etc/hostname
hostname -F /etc/hostname

これでホスト名が変更されます。

DNSサーバの設定

vi /etc/resolv.conf

その後、以下を入力し保存します。

nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

cat /etc/resolv.confで念のためちゃんと保存されているか確認する。

IFの設定

cat /etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

上記の通り、デフォルトはDHCPのため静的に設定したい場合は下記の通りにします。

vi /etc/network/interfaces

auto eth0
iface eth0 inet static
address 172.16.10.1/24
gateway 172.16.10.254

iface eth0 inet static
address 172.16.10.11/24

※黒太字の箇所が修正箇所です。また、追加でIPアドレスを設定したい場合は青太字のようにします。

保存が完了したら、cat /etc/network/interfacesで保存されているか確認します。

ネットワーク設定の再起動

/etc/init.d/networking restartでサービスの再起動をします。これをしないと設定が反映されません。

投入したら、ifconfigなどでI/Fの状態が想定通りか確認しましょう。

 

関連ドキュメント

Configure Networking - Alpine Linux

CML で TinyCore や Alpine 等の Linux を使う | らくがきちょう v3 (sig9.org)

FAQ – Cisco Modeling Labs v2.x – Cisco Modeling Labs 2.5 – Document – Cisco Developer

CML2 (Cisco Modeling Labs 2.0) のパケットキャプチャの方法 | ネットワークチェンジニアとして (changineer.info)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました