Ansible×BIG-IP LTM-UCSファイル取得編(f5networks.f5_modules.bigip_ucs_fetch)

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説(52_get_ucs.yml)

以下のような記述となっています。

– name: Create NEW UCS File
  f5networks.f5_modules.bigip_ucs_fetch:
    src: “{{ lookup(‘pipe’, ‘date +%Y%m%d%H%M%S’)}}.ucs”
    create_on_missing: true
    only_create_file: yes
    provider:
      server: “{{ ansible_host }}”
      user: “{{ ansible_user }}”
      password: “{{ ansible_password }}”
      validate_certs: no

使用しているモジュールについて

f5networks.f5_modules.bigip_ucs_fetchモジュールを使用します。UCSファイルの作成からローカル(Ansibleサーバ)へUCSファイルの保存も行うことができます。例となるyamlファイルではローカルへの保存は行わないようにしています。
実行結果は次のようになります
実機で確認すると、ちゃんと.ucs拡張子のファイルが出来ました。

コメント