Ansible×BIG-IP LTM-configの保存編(f5networks.f5_modules.bigip_config)

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説(51_save_runningconfig.yml)

以下のような記述となっています。

– name: Save running-config to startup-config
  f5networks.f5_modules.bigip_config:
    save: yes
    verify: false
    provider:
      server: “{{ ansible_host }}”
      user: “{{ ansible_user }}”
      password: “{{ ansible_password }}”
      validate_certs: no

使用しているモジュールについて

f5networks.f5_modules.bigip_configモジュールを使用します。公式ドキュメントにもたまに記載がある通り、runnning-configの保存を行わないと設定が反映されません。そのため、設定変更した後は必ずこのモジュールを使用して設定の保存を行ってください。
実行結果は次のようになります

コメント