Ansible×BIG-IP LTM-デバイスの情報収集編(f5networks.f5_modules.bigip_device_info)

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説(00_device_info.yml)

以下のような記述となっています。
※補足:コメントアウトしている箇所は適宜外してもらえれば大丈夫です。また、これ以外にも引数がたくさんあります。

– name: Collect BIG-IP information
  f5networks.f5_modules.bigip_device_info:
    # 引数でallを選択するとgtmも含まれるため上手く動かない
    gather_subset:
      # – interfaces
      # – vlans
      # – monitors
      # – profiles
      # – client-ssl-profiles
      # – devices
      # – device-groups
      # – http-monitors
      # – https-monitors
      # – http-profiles
      # – icmp-monitors
      # – irules
      # – ltm-pools
      – nodes
      # – self-ips
      # – ssl-certs
      # – ssl-keys
      # – tcp-monitors
      # – tcp-profiles
      # – traffic-groups
      # – users
      # – virtual-servers
    provider:
      server: “{{ ansible_host }}”
      user: “{{ ansible_user }}”
      password: “{{ ansible_password }}”
      validate_certs: no

使用しているモジュールについて

f5networks.f5_modules.bigip_device_infoを使用しています。gather_subsetでシーケンスで任意の引数を指定することで必要な情報をターゲットノードとなるBIG-IPから取得することができます。

実は、今の状態では単なる情報取得を行うのみなのでわざわざ実行する意味はありません。Whenディレクティブと並行して使うことで、既に同じ名前の設定がある場合にはスキップをするような動作をさせる時に必要です。

実行結果は次のようになります(抜粋)

コメント