Ansible×BIG-IP LTM-iRule編(f5networks.f5_modules.bigip_irule)

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説(22_irule.yml)

以下のような記述となっています。

– name: create iRule
  f5networks.f5_modules.bigip_irule:
    name: “{{ irule.name }}”
    state: “{{ irule.state }}”
    content: “{{ irule.content }}”
    module: “{{ irule.module }}”
    provider:
      server: “{{ ansible_host }}”
      user: “{{ ansible_user }}”
      password: “{{ ansible_password }}”
      validate_certs: no
  register: result
– name: display result of iRule
  debug:
    var: result

使用しているモジュールについて

f5networks.f5_modules.bigip_iruleモジュールを使用します。

また、変数ファイルは以下となります。パラメータは適宜変更してください。
※補足:iRuleのコードはテキストファイルなどに記述しておきます。ここでは、contentにて、lookupプラグインを使用することで、テキストファイルの中身を取得してiRuleのコードとして使用可能としています。

※host_vars/virtualserver-1/vars.ymlより引用

##### iRule用の変数を定義 ####
irule:
  name: testrule
  state: present
  content: “{{ lookup(‘file’, ‘~/Ansible/BIGIP/roles/Create_vertual_server_with_SNAT/files/irules.txt’) }}”
  module: ltm
実行結果は次のようになります(必ず実行結果はChangedとなります)

コメント