Ansible×BIG-IP LTM-POOL作成編(f5networks.f5_modules.bigip_pool)

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説(12_pool.yml)

以下のような記述となっています。

– name: Create pool
  f5networks.f5_modules.bigip_pool:
    name: “{{ pool.name }}”
    state: “{{ pool.state }}”
    partition: Common
    lb_method: “{{ pool.lb_method }}”
    monitors: “{{ pool.monitor }}”
    provider:
      server: “{{ ansible_host }}”
      user: “{{ ansible_user }}”
      password: “{{ ansible_password }}”
      validate_certs: no
  register: result
– name: display result of pool
  debug:
    var: result

使用しているモジュールについて

f5networks.f5_modules.bigip_poolモジュールを使用します。GUIですと、pool作成時にメンバーとなるnodeを選択できますがこのモジュールではできません。そのため、poolにnodeをメンバーとして追加する専用のモジュールを使います。

また、変数ファイルは以下となります。パラメータは適宜変更してください。

※host_vars/virtualserver-1/vars.ymlより引用

##### pool用の変数を定義 ####
pool:
  name: testpool
  state: present
  lb_method: least-connections-member ※ここは公式サイトをご確認ください
  monitor: gateway_icmp
実行結果は次のようになります(既に設定済みのためOK(緑色)です)

コメント