Ansible×BIG-IP LTM-TCP Profile編(f5networks.f5_modules.bigip_profile_tcp)

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

解説(32_tcp-profile.yml)

以下のような記述となっています。

– name: Create TCP-Profile
  f5networks.f5_modules.bigip_profile_tcp:
    name: “{{ TCP_Profile.name }}”
    parent: “{{ TCP_Profile.parent }}”
    partition: Common
    idle_timeout: “{{ TCP_Profile.idle_timeout }}”
    state: “{{ TCP_Profile.state }}”
    provider:
      server: “{{ ansible_host }}”
      user: “{{ ansible_user }}”
      password: “{{ ansible_password }}”
      validate_certs: no
  register: result
– name: display result of TCP-Profile
  debug:
    var: result

使用しているモジュールについて

f5networks.f5_modules.bigip_profile_tcpモジュールを使用します。

また、変数ファイルは以下となります。パラメータは適宜変更してください。
補足:モジュールには全てのパラメータの引数はないため、どうしても設定が必要となるマイナーな設定値がある場合は、ベースとなるProfileを予め作成し、それをparentに指定してください。

※host_vars/virtualserver-1/vars.ymlより引用

##### TCP Profile用の変数を定義 ####
TCP_Profile:
  name: testTCPProfile
  parent: tcp
  idle_timeout: 1800
  state: present
実行結果は次のようになります(既に設定済みのためOK(緑色)です)

コメント