Ansible×BIG-IP LTM-host_varsの解説

Ansible
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連リンク集

pyenvを用いたAnsibleが利用するPython実行環境の準備、VScodeによるポートフォワーディングの設定
pyenvによるpythonのバージョン管理、AnsibleのインストールからVScodeのポートフォワーディングの設定など、Ansibleを使用するための環境を用意する方法を解説しています。
AnsibleによるBIG-IPを制御(イメージファイルとライセンス取得)
Ansibleを使ってBIG-IPを検証するため、VMや検証用ライセンスの取得方法についてスクショつきで解説しております。
https://liberation-of-se-like-slaves.net/ansible%e3%82%92%e7%94%a8%e3%81%84%e3%81%9fbig-ip%e6%a4%9c%e8%a8%bcvm%e3%81%ae%e6%a7%8b%e7%af%89%e7%b7%a8%ef%bc%89/
データベースエラー

~~~~~~現在のページは下記サイト~~~~~~~

Ansible×BIG-IP LTM-host_varsの解説
AnsibleでBIG-IPにVirtualServerを作成するplaybookにて、必要となるhost_varsについて紹介しています。
Ansible×BIG-IP LTM-group_varsの解説
Ansibleを用いてBIG-IPでVirtualserverを作成するplaybookで必要となるgroup_varsについて紹介しています。
Ansible×BIG-IP LTM-ansible.cfgの解説
Ansibleを用いてBIG-IPにVertual Serverを作成するためのansible.cfgについて紹介しています。
Ansible×BIG-IP LTM-inventoryファイルの解説
AnsibleでBIG-IP LTMにVirtual Serverを作成する時に使用するplaybookのinventoryファイルについて解説しています。

解説

以下のような構成となっています。ただし、host_vars/任意のフォルダ名/vars.ymlとなっていることが必須条件です。

virtualserver-1/vars.yml

インベントリファイルで定義したターゲットノードのホスト名毎にフォルダを作成し、その中にホスト毎に定義した変数ファイルを格納します。例えば、virtualserverを構築するには、node、pool、各種プロファイル、モニター、iRuleなどの設定が必要となります。それらをvertualserver毎に予め用意した変数ファイルを読み込ませることで、virtualserver毎の設定を実現しています。

※inventoryより引用
[bigip]
virtualserver-1 ansible_host=192.168.0.11
virtualserver-2 ansible_host=192.168.0.11
virtualserver-3 ansible_host=192.168.0.11
そのため、ターゲットノードのホスト名(ここではvirtualserver-1など)とhost_vars/*/vars.ymlの*は同じ名前にする必要があります。違う名前の場合、host_varsで定義した各virtualserver毎の変数が読み込まれずエラーとなります。

参考

playbook実行時はansible-playbookコマンドを使用します。このコマンドを使用する場合、デフォルトでgroup_varsやhost_varsディレクトリを現在のディレクトリから検索します。あんまり知らなかった…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました